Top >  ミサワホーム 評判サイト【4】 >  もこもこの蔵 マイハウス GENIUS 蔵のある家 MISAWA

もこもこの蔵 マイハウス GENIUS 蔵のある家 MISAWA

もこもこの蔵 マイハウス GENIUS 蔵のある家 MISAWA


(サイトより引用)


シーリングファン

ミサワの蔵のある家は、1階と2階の間に蔵をかませることで、
法律上2階建てながら充分な収納スペースを確保するというコンセプトの家です。


ただ、蔵及び小屋裏収納(ロフト)は、2階床面積の2分の1以内と
決められていますので、蔵階全てを蔵として使うことができません。


そこで、蔵として使用できなかったスペースを、
1階の天井高を高くして1階住空間に組み入れるというのが、
これもミサワのお約束の展開です。


そうなると、1階の天井高は3200(ミリ)となります。
普通の天井高は2400ですので約800つまり80センチ高くなるわけです。


これが2階までの吹き抜け天井ですと単純に2400×2でも4800!と
冬はものすごく光熱費のかかる部屋になってしまいます。


それで、私はこのミサワのちょっとだけ高い吹き抜け天井が気にいりました。
ここで、やっとシーリングファンの話なんですが、


吹き抜けにあこがれつつも、光熱費は少しでもおさえたい。
暖かい空気は上昇するので、上でかき回して均一にしなければならない。


使っている知人や設計担当の薦めもあって導入することとなったわけです。


冬の間、暖房中はほとんど回しっぱなしです。
回している方が早く部屋が暖まるような気がします。


天井付近ばかり暖まっても床に近い部分が寒いと体感的に寒いわけで、
そうすると必要以上に暖房を強くし、無駄に光熱費がかかることになります。


シーリングファンは扇風機ではありません。
強運転にしても(我が家は弱運転ですが)風を感じることはありません。
(でも扇風機としてのシーリングファンが別バージョンであるのかもしれません。
もこもこが勉強不足なだけで。)


個人的には、吹き抜け天井にされる方には導入をおすすめします。
見た目もかっこいいですから!

         

ミサワホーム 評判サイト【4】

関連エントリー

もこもこの蔵 マイハウス GENIUS 蔵のある家 MISAWA




!--カテゴリー-->

ミサワホームの評判を掲載しているサイト募集

サイトURLをmail(あっとまーく)hyouban-uwasa.comへメールいただけましたら閲覧後、サイト管理者へ掲載依頼のメールを送ります。(承諾後、当サイトへ掲載いたします)

また、当サイトへ掲載・リンクしているHPを削除したい場合も上記アドレスへご依頼ください

■当サイトはリンクフリーです。相互リンクも大募集しています!よろしくお願い致します